東京都内の人気エリアに絞ればワンルームマンション投資はベストな選択?

不動産投資のセミナーや勉強会に参加すると、30歳台前後の方々が多い印象です。皆さん真剣に学んでいます。

不動産投資をするにあたってのポイントは空室リスクを考えますと、まず需要・人気のある立地は最重要となってきます。

そうなると、国内ではやはり「東京都内 」。その中でも人気な場所に絞る必要があります。

今回は東京都内の人気エリアに厳選したワンルームマンションをピックアップします。

・不動産投資に対してネガティブな印象をお持ちの方。

・不動産投資について経験は無いが興味がある方。

なぜ東京で、しかもワンルームマンションなの?と疑問に思われる方は読んでみて下さい。

 

関連記事>>>【不動産投資】無料DVDや資料請求、無料セミナー「おすすめサイト特集」 あなたに合う不動産投資法が見つかります。

なぜ東京都内で不動産投資なのか

東京は主に単身世帯が増加中で、人口が増え続けています。

東京への転入超過(一定期間における転入数が転出数を上回っている状態)は18年連続。

また、東京都が発表している世帯数の長期予想では総世帯は2020年にピークを迎えますが、単身者世帯は2025年、2030年以降とその後も増加する見通しになっています。

また、東京の物価水準はシンガポールやロンドン、ニューヨークなどに比べ、まだまだ割安感があり、今後も発展が引き続き見込まれるであろう東京は海外の投資家からも人気で魅力ある市場と言われています。

東京都内、かつ人気エリアに単身者世帯が増え続けている状況からも今後も東京都内のワンルームマンションの需要は一層高まるものと予想されます。

銀座・六本木・虎ノ門・品川・汐留などの好立地に厳選した不動産投資

東京都内の人気エリアに厳選したワンルームマンション会社でクレアスライフの「コンシェリア」というブランドマンションがあります。

クレアスライフは投資用マンションの販売や管理・運営を行っており、 創業33年で350棟以上の投資マンション開発の実績を誇っています。

コンシェリア(CONCIERIA)は、「クレアスライフ」が提供している都心型マンションのブランドで、エリアを東京都内の中で高い価値を持つ都心エリア、都心近郊エリアに厳選しています。

物件のクオリティが高いのも特徴で、品格ある質感はもちろん、 目に見えない基本構造や耐久性能についても一切の妥協をせず、 オーナーや住む借主に安心をもたらしているブランドマンションです。

「コンシェリア」ブランドマンションの特徴とメリット

・圧倒的な立地の良さ

 

・ハイグレードで安心な建物

 

・徹底した管理体制でオーナーをサポート

クレアスライフはオーナー数9,000人以上、供給戸数19,328戸の実績。選ばれている不動産投資会社と言えます。

不動産投資の収入源は家賃なので、高い入居率を維持することが最も重要ですが、 この強みがあるために空室率が低く入居率は99%となっています。

東京都内の人気エリアかつ、ハイグレードで安心な仕様により資産価値が高く、かつローリスクで堅実に収入がアップします。

利回り重視のハイリスクな投資ではなく、堅実な資産形成に向けて投資をしていきたい方向けと言えます。

また、売ってしまえば終わりではなく、オーナー感謝祭の開催や、税務・相続相談・購入後運用アドバイスなどきめ細かなフォローアップにより、リピート購入される方もいます。

ワンルームマンションはマンション自体を担保にできるので購入資金を金融機関から借り入れし、少額の自己資金で始められ、家賃収入による利益を得ることができます。

サイトにて「コンシェリア」ブランドマンションの魅力はもちろん、東京のワンルームマンション経営の魅力が分かる「コンシェルガイドブック」を無料進呈中です。

詳しい内容を見てみたい方はサイトから無料の資料請求をして下さい。

 

▼無料資料請求・サイトはこちら圧倒的な好立地に建つハイグレードな投資ワンルームマンション【コンシェリア】

不動産市場を読む融資金利のデータ

ワンルームマンションを購入し賃貸住宅経営を始めるには、多くの方が公的・民間金融機関から融資を受けスタートします。

近年のような超低金利の状況下では、たとえ資金があったとしてもその資金をつぎ込んでワンルームマンションを購入するよりも「借りた方が得」という発想でローンで購入される方が多いようです。

借入でワンルーム経営する場合の投資総額は、マンション価格+各種諸経費+借入(ローン)の利子分ということになります。

ローンの利子総額は、ローン金利と借入年数により決まります。

提携ローンの場合は、マンションを販売している売主などが金融機関との間で優遇金利を適用する仕組みですので、こうしたローンなどを上手く利用すると賢く借りて総額を少しでも少なく抑えることができます。

金利は低ければ低いほどいいに越したことはありませんが、年数が短いほど利子総額は少なくなります。

それが投資の観点で「賢い借り方か」とは一概には言えません。長く借りてキャッシュフローをよくする方が、不動産投資ではいいとされているからです。

金利は低い方がいいとは誰もがそう考えます。

「最低水準の今が一番の借り時」という金融機関からの言葉は、いつも聞くこと。

しかし、「今が一番の借り時」であるかを見抜くことは、なかなか難しいものです。

では、どんなところに注目すれば、ローン金利の動きが見えるのでしょうか?

金利の組み立てを大雑把にいうと、金融機関の資金調達時金利+リスク上乗せ分(貸し倒れ、早期返済など)+金融機関の利益で表せます。

リスクについてですが、金融機関から見たリスクとは貸し倒れ(返済が滞る)だけでなく、他行に借り換える可能性、あるいは早期繰り上げ返済は、想定していた利子が入って来ないことになりますので、これもリスクと言えます。(早期返済すると、その分を違約金として手数料を求めるローン形式もあります)

リスク上乗せ分や金融機関の利益は都度変化させることはありません。大きな変化はないですから、金融機関の調達金利の違いが金利の違いとなります。

金融機関の調達金利は、日本国債金利、長期プライムレート、短期プライムレートを見ていると大筋が見えてきます。

2016年年初からのマイナス金利政策導入の時には、日銀の国債大量購入により国債金利がマイナスになりました。

国債の金利は、財務省のホームページに掲載されています。
http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/interest_rate/

例えば、「10年後に1万円もらえる券(国債)をいま、1万100円で買う」という状況だったのです。

これが、国債金利がマイナスという状態です。これに合わせた状況で、ローン金利も下がりました。

ローンの返済がどれくらいなのかは専用のサイトがあり、そこに借り入れ額、年数、金利、固定金利か変動金利かなどを入力すると簡単に計算できます。

いくつかサイトがありますが、一例として、住宅保証機構株式会社のサイトをあげておきます。
https://www.hownes.com/loan/sim/

簡単に検索できるのでワンルームマンション購入の検討をされている方は活用してみてはいかがでしょうか。

老後やセミリタイヤの為に不労所得・家賃収入で暮らす

年金+「家賃収入」でゆとりあるセカンドライフを

定年後のゆとりある生活には夫婦で「月35.4万円」が必要と言われていますが、総務省の「家計の調査報告書」によると現状の高齢無職世帯の夫婦の収入の平均は「月21.3万円」とゆとりある生活には「月14.1万円」も足りません。

定期的な「家賃年金」として家賃収入を充てることで公的年金だけに頼らずに老後のゆとりある生活が実現できます。

サイト引用

老後の為の資産形成。また、収入先を複数持つことはこれからの時代、リスク軽減にもつながります。

私が普段お付き合いさせていただいているオーナーさん達も、物件が古くなってきていても、人気の街や、駅に近い物件は空室がほとんどないですし空いた時も空き募集をかければすぐ埋まっています。

まず場所を優先して住む所を探す方が圧倒的に多いからです。

単身者世帯が増える街で、人気エリアでのワンルームマンション投資は長期的に考えて理にかなう作戦です。

詳しく知りたい方は、サイトにて無料の資料を郵送してもらって下さい。

 

▼「コンシェリア」サイトはこちら入居率99%の不動産投資【コンシェリア】

 

▼当ブログおすすめ記事ベスト5

【WワークOK】面接なしで今日明日すぐ働ける日払い単発短期バイトの探し方

【リスクも学ぶ】2018年最新の不動産投資無料セミナー厳選8選【東京都内編】

素人から不動産投資の成功者への道【無料資料請求による情報収集厳選9選】

【FODプレミアム動画】31日間無料見放題・オリジナルドラマ作品まとめ

おっさんずラブ田中圭主演のおすすめネットドラマ不倫食堂【無料動画】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。