【不動産投資】空室対策に対する4つの解決策と内装リメイクの解説

 
不動産投資に興味を持ち、実際に不動産投資を行っている方は年々増えていっています。

 

物件を買う時には、物件購入費用+購入諸費用+税金+新築でなければ初回の修繕費+毎月のかかる費用を計算します。

 

毎月の見込賃料で何年でペイ出来るのか、また金融機関などから融資を受けるなら毎月の支払い+管理費などの経費と比べて見込賃料はどうか。

 

利回り計算をして購入し、計算上でうまくいけば良いのですが、当然やはりリスクは少なからず伴います。

 

突発的な事としましては、空室や設備の不具合、故障などによる修理交換費用が主な内容になります。

 

設備に関しては経年劣化がありますので、年数が経過していれば致し方ない面もありますが、長期の空室は避けたい。

 

入居者募集をかけていて、しばらく期間が経過しているのにもかかわらず反応がない場合は、何かしらの改善を考えるべきです。

 

2~3月の繁忙期まで様子をみて、そのまま入居者が決まればありがたいですが、しばらく募集をかけていて、インターネット上に掲載もしていて反応が無ければまずいです。募集条件の見直しや、内装リフォームなど検討していきましょう。

 

 

1.家賃・敷金・礼金・管理費の見直し

 

まずは近隣の対抗物件のリサーチ。現在の状況のです。

 

不動産業者に入居者募集や管理業務を頼んでいると、近隣の賃料相場や成約事例などから賃料を決めているはずなので、募集開始時にはリサーチ済みですが、期間が経過している場合は再度調べることをおすすめします。

 

空室期間中に物件を探している方は近くの物件に決めて入居したかもしれません。

 

ですが、できるだけ家賃は下げたくありません。

 

家賃を下げたからすぐ入居者が決まるとは一概に言い切れませんので、その物件の間取りと所在エリアでどんな方が住みそうなのか。

 

また、対抗物件はどんな物件かリサーチした上で住みそうな方の年齢など考慮して対策をする必要があります。

 

ご自身でもポータルサイトなどでどんどん調べてみましょう。

 

 

2.室内をおしゃれに工夫する事で空室改善

 

室内の内装を変えてみるのは良い対策です。

 

住む物件を探す際に立地や賃料などは重要ですが、最終的に見学した時の印象で決まります。

 

印象を良くする為に内装を少しばかり変えるだけでも効果的です。

 

 

 

 

 

ドアにダイノックシートを貼り、壁一面だけアクセントクロスに貼り替えて、床は上張り。交換や解体しての施工をせずに工夫すれば大きな費用をかけなくてもおしゃれな印象にガラッと変わります。

 

ご自分で施工できる器用なオーナーさんはダイノックシートは注文もできます。

 

 

様々なカラーや木目調など種類が豊富なので、部屋のイメージに合わせて施工しましょう。

 

 

内装工事をリフォーム業者に頼む場合の注意点

 

キッチンやトイレ、浴室、洗面台の水回りも住む方は気にするポイント。思い切って一式変えるのも効果的ですが、出来るだけ費用はかけたくないですので、汚れや古さが気になるものだけ交換するのも良いでしょう。

 

業者を選ぶ際はコミコミ定額リフォームや、原状回復工事が対応出来るリフォーム業者が良いですね。あと対応が良くて動きが良い業者。「リノコ」や「MEコーポレーション」などはおすすめですね。コスパの良い業者選びが大事です。

 

また、一戸建て限定ですが修繕メンテナンスやハウスクリーニングに強い「イエコマ」は今後の為にもお付き合いしておくと助かるでしょう。

 

出来る箇所は自分でリフォームしてみよう

 

インターネット時代です。簡単な室内リメイクはぜひ自分で調べてやってみましょう。
僕もやっていますが、物件にさらに愛着もわくし、大変だけど結構楽しいですよ。

 

筆者が自分でリフォームした家

 

 

電気、ガス、水道はプロにお願いしましょう。

 

 

3.空室に小物を置いてモデルルーム風に見栄えを良くする

 

モデルルームのようにテーブルやソファー、家具などを置くと、見学される方もイメージがわきやすいのでおすすめです。

 

そこまでしなくても、下駄箱や水回りなどに小物を少し置くだけでもかなり印象良くなりますよ。100円ショップで全然OK。費用も安いのでこれはすぐにやりましょう。

 

 

 4.管理会社の無料セミナーでプロに相談する

最速で空室を埋めるならプロに相談するのが一番早いです。

無料相談、空室対策セミナーに行くなら客付け実績の多い会社が間違いないです。

オーナー目線の不動産管理セミナーのご案内

空室対策のまとめ

空室対策としての記事を記載していきましたが、まとめますと、

 

  • 周辺の物件のリサーチ後に賃料などの条件改定を検討
  • 室内の一部を変える事で印象を良くする
  • リフォーム業者を頼むときは今後の為にも定額で動きと対応の良い会社を選ぶ
  • 室内に小物を置いてモデルルーム風に見せる
  • 無料相談、セミナーに参加してプロに相談する

 

まず家賃や諸条件を下げる前に、こういった取り組みをしていきましょう。

 

どんな不動産でも必ずや住む方はいます。前向きに一つひとつ良くしていき、物件の魅力を伝えられるようにしていきましょう。

 

▼【不動産投資】関連記事

 

【不動産投資】無料DVDや資料請求、無料セミナー「おすすめサイト特集」あなたに合う不動産投資法が見つかります

【不動産投資会社】どこがいい?口コミ第三者目線でマンション投資会社は選ぼう

【不動産投資】東京都内の厳選した人気エリアでのワンルームマンション投資をおすすめする理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です