仮想通貨【TRON・TRX】トロンとの出会いを振り返ってみた。

皆さんはTRON(TRX)をご存知でしょうか。

僕がTRONと出会ったのは忘れもしない2017年の12月の年末。

当時Zaifをメインで使っていた僕は「Zaifトークン」の暴騰からの暴落に焼かれ、Zaifトークンとさようならした時期でした。

当時とにかく安い草コインなるものが流行り、初心者の僕は勇気を出して海外取引所のBinanceに登録した。

一目で気になったTRXを買った。そう、当時雰囲気で買った。

当時の画像が残っていた

その後、アカウントロックというミスをしてログインできない不安な日々もありました。Twitterで皆さんに助けられた。懐かしいなぁ。

TRXは一時Moonした

買ったあとにすぐムクムクと上がったTRON。興奮した。たしか数日間上がり続けた。その後暴落した。ホワイトペーパーのパクり疑惑が噂されてしまった。あくまで真実ではなかった。

僕は上がった時に売り抜けていない。当時の僕は「上がり続ける」と信じていた。時価総額やTRXがどんなものかも知らなかった。

1月当時の絶頂ポートフォリオを見返して、今と比べると泣けてくる。だがそれが現実で勉強になった。

そしてTRXはしばしヨコヨコ期間を開始した。

「いくか!?いくのか!?」ということは何度もあった。その度に期待が膨らんでいた。

 

活発なコミュニティ

そしてヨコヨコ期間にホルダーの皆さんの活発なコミュニティをかげながら楽しんでいた。

集合写真引用させていただきました

 

TRX教団という団体まで発足され、TRON創設者をコラしてしまうグランプリまで開催された。

僕はTRX教団の団員ではありませんが、トロンホルダーなら教団の仲間入りなのでしょうか。バリバリ教団の方もTRON持ってないって方いましたよね。笑

そしてここには載せきれない程、たくさんのTRONを愛す方々がいます。これはTRONの強みではないでしょうか。

先日Bittrexに上場し、久しぶりに高騰した。なんだか懐かしい気持ちになった。

そしてバーン・メインネットへ

TRONは長期プロジェクトなのは分かっていた。

時が経つのは本当に早いもので、今月末にはバーン、その後の第一段メインネットも早まっている。そして日本の取引所に上場はするのかどうか。

今後も新規上場や提携、ロックアップなど目が離せないでしょう。

仮想通貨界隈は短い期間が本当に「濃い」。僕は仮想通貨に触れてまた5ヶ月足らずですが本当に色々なことが起きた。

TRONは12月から買い増ししながらガチホを続けている。でもいつかTRONとお別れする日もくるでしょう。

その時まで、楽しみながら大事に保有しておきます。

〈利用しているおすすめ仮想通貨取引所〉

 

1.Zaif(ザイフ)「主要通貨のほかにもZaifトークンやペペキャッシュなどトークンの種類が豊富」

 

2.【bitFlyer】(ビットフライヤー)「主要通貨やビットコインFXに・モナコイン(MONA)やリスク(LISK)も取扱い有」

 

3.【GMOコイン】

「FXやリップル(XRP)も取扱い有、国内ですぐ始めたい方は手続きが早い」

 

4.【DMM Bitcoin】
「イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)のレバレッジ取引が出来る」

 

海外取引所.【Binance】(バイナンス)「銘柄の種類が豊富で投資チャンスが広がる、必須取引所」

 

▼当ブログおすすめ記事ベスト5

【WワークOK】面接なしで今日明日すぐ働ける日払い単発短期バイトの探し方

【リスクも学ぶ】2018年最新の不動産投資無料セミナー厳選9選【東京都内編】

素人から不動産投資の成功者への道【無料資料請求による情報収集厳選9選】

【FODプレミアム動画】31日間無料見放題・オリジナルドラマ作品まとめ

おっさんずラブ田中圭主演のおすすめネットドラマ不倫食堂【無料動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です