現代でも不動産会社では電話営業・訪問営業が行われている理由

話が出ていたので、記事にします。

不動産業界は昔ながらの電話営業、訪問営業を専門でやっている会社が多いです。

不動産会社と一言で言っても、やってることやジャンルがそれぞれ違います。

上記の記事のような富裕層に賃貸経営を勧めるという会社は、ネット広告+地主にひたすら訪問します。

自社売りの新築マンション販売専門業者は若い社員を集めてひたすら電話させるのが多いと聞きます。

私は主に新築、中古、土地の売買仲介というジャンルなのですが、会社員時代はよく電話や訪問もしていました。

接客した方で契約していない方に接触するいわゆる追客と、新規案件作りの訪問です。

正直苦手です。かなり消耗しました。

経営者が昔成功した手法で開業している

昔ながらのやり方が行われているのは、経営陣が昔やっていて儲かった手法でそのまま独立して、そのままやっています。手っ取り早いですからね。

ただ正直数年前のやり方なんかはすぐ通用しなくなります。PDCAとよく言いますが、改善していかないと生き残れません。

不動産会社の営業手法は昔からやり方が限られていると思われていますが、近年新しいやり方で成功している会社もあります。ほとんどの会社はそのやり方が見つけることができないんです。

会社は出来るだけ経費をかけたくない

会社は出来るだけ経費をかけずに大きなリターンを得ようとします。もしくはリターンが見込めるものにしか経費をかけない。

そこで固定の人件費のみでひたすら電話や訪問をさせます。単純に経費をかけずに社員にフル稼働させれば儲かると思っているから。

少なからずそれで契約する方がいるということですよね。社員に数打ちゃ当てさせるやり方。

逆にネットに特化して、訪問は全くやらない会社もあります。地元に根付いてネットは全くやらない会社もあります。

儲かってない会社はやらない事を決めていない、色んな事に手を出している会社ですかね。

そして同じやり方で、とにかく作業量を増やし続ける改善をしない会社。社員はつらいです。

電話営業・訪問営業はつらい

私も2年前くらいまでは電話営業・訪問営業をやっていました。

電話に出なかったり、玄関でピンポンを押して留守だったりすると、正直ほっとしちゃうんですよね。なにやってるんだか。

苦手なので今はやりません。

訪問専門の会社で働いていて年収2,000万円ほどの知人の営業マンがいますが、給料のために割り切ってやっているようで、ずっとやってるとなんとも思わなくなるそうです。

年収2,000万円稼ぎたいという方でも私はお勧めできないですね。

どれだけ自分の事を知ってもらえて、信頼してもらえるか。この「露出」と「信頼影響」があれば食っていけます。知り合いを紹介していただけるお話も増えるので年々楽になります。

そうしないと生き残れないと思っています。

これから就職する方々も、入社して違和感が出たら早く辞めて正解ですよ。そのような環境では何も得られません。

仕事内容も、社内環境も、あなたに合う会社が必ずありますから。

 

▼私の不動産営業マン会社員時代の話

脱社畜サイト『今日は社畜祭りだぞ!』にて記事を書かせていただきました!

 

▼当ブログおすすめ記事ベスト5

【WワークOK】面接なしで今日明日すぐ働ける日払い単発短期バイトの探し方

【リスクも学ぶ】2018年最新の不動産投資無料セミナー厳選9選【東京都内編】

素人から不動産投資の成功者への道【無料資料請求による情報収集厳選9選】

【FODプレミアム動画】31日間無料見放題・オリジナルドラマ作品まとめ

おっさんずラブ田中圭主演のおすすめネットドラマ不倫食堂【無料動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です