会話の最初に「あっ、」って言っちゃう君は愛されキャラだよ

こんばんは。ヒラノ@t_hirano35です。

 

今回の題名は【会話の最初に「あっ、」って言っちゃう君は愛されキャラだよ】

結構言ってしまう人はいるのではないでしょうか。僕も仕事関係の電話をする時によく聞く気がします。

昔聞いた話だと、自分に自信がない人が「あっ、」って言ってしまうようだ。

あっ、って言っちゃうのはなぜだろう? 

実は僕も「あっ、」のひとり

昔、上司に「営業マンなんだから、それやめな」って言われた事がある。

たしかにあっ、って会話としては不必要かもしれない。じゃあなぜ自然と出るのだろう?

 

後日、他の人に全く逆のことを言われた。

「初めは営業マンに警戒心を持っているお客さんもいるからわざと(あっ、)て言う営業マンもいるよ」

 

…ほほう、自分は自然にスーパーテクが出来てしまっていたのか。感心感心。

 

しかしわざと言う人もいるのか。僕はテクなど考えたことがない。天然物なのだ。

 

でも自信なさげな「あっ、」って意識してやめた方がいいのかな?そう思ったりもした。

 

この世の中に「あっ、」って言う人口はどのくらいいるのだろう。海外では「Ahッ」なのだろうか。小さいツは使わないか。

 

自分なりに考えてみた

「あっ、」って言ってる時、首が上にクイッて上がっているのに気がついた。

 

きっと会話の最初に勢いをつけているのだろう。

 

家族や知り合いなどには「あっ、」はほとんど使ってなかった

では礼儀が必要な場面や慣れていない場面で自然と出ていることになる。

 

「あっ、」って言う人はよく臆病ともいうが、実に繊細で悪い人はいないという。

そして、無意識の「あっ、」の一瞬で、話す内容を瞬時に考えている頭の回転が早い人が多いようだ。

 

ではこれは個性ではないか?

 

だが今回調べでは「あっ、」は少しずつなくしていきましょうという意見が多い。うーむ。

 

考えた末の結論

「あっ、」は直さなくて良い。個性認定。「あっキャラ」と名付けよう。

 

あっキャラって検索したら、「アッちゃん」というキャラクターが出てきた。バナナが大好物らしい。

 

という事はあっキャラは僕が造語した事になるのか?カタカナでアッキャラにしようか迷う。海外で使う時どうしよう。Ahkkyara??

 

そんなことを考えていた秋の夕暮れ。何をやっているんだ。僕は。

 

なくなるに越したことはないと思うけど、世の中に完全に「あっ、」て人がいなくなったら人情味もなくなっていく気もする。「あっ、」って言う人達は人情味が溢れている。愛すべきキャラなのだ。

 
あっキャラ(仮)のみんな!そのままでいいんじゃないかな?僕もそうする事にするよ!

 

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です