アクシデント有(汗)【DIYリフォーム】団地を安く楽しくセルフリフォーム!洗面所編

ヒラノでございます(@t_hirano35)

去年安い団地を購入して、まだ貸してもおらず空室の状態で時間があるときにコツコツ自分でリフォームしています。

自分で設計から施工、仕上げまで作り上げることをセルフリフォームとかセルフリノベーションとか言いますね。

DIYはDo it yourself「自分でやろう!」って意味です。

設計は建築士免許がないのでできませんが(不動産屋なので簡単な間取り図は引けます)木造大工の経験が10年程あるので木工事以外はプロレベルではないですが大体の作業はできてしまいます。

自分でリフォームできると色々なメリットがあります。楽しくやりがいもありますのでおすすめです。

自分でリフォーム(セルフリフォーム)するメリット

まず最高のメリットは安い

業者さんに頼むと「人件費」「作業費」「材料費」「処分費」「それぞれに消費税上乗せ」他。

「現場調整費」なんて謎の費用もあったり…。

自分でリフォームすれば材料費と細かい工具代で出来てしまいます。消耗品以外工具はずっと使えますから。

 

部屋をイメージして好きなようにできる

好きなようにできるのもメリットですね。ホームセンターに行くと色々な材料が売ってます。好きなイメージにしたいお部屋を想像して、売り場を見てるだけでもワクワクします。

最近ではネットで買った方が安いので、楽天市場Amazonでよく買ってます。

あと「DIYショップRESTA」ってサイトもおすすめです。のり付き壁紙とか本当楽々で便利です。

壁紙とフローリングとクッションフロアあたりはオシャレなのがたくさんあるのでRESTAで買ってます。ホームセンターはシンプルでベーシックな材料が多いですね。

自宅だったらちょっとした失敗はご愛嬌。始めたては大変かもしれませんが細かい部分は下手でもいいんです。段々少しずつ上手になります。

私もクロス貼り(壁紙)はあまりうまくありません。でも貼り替えると見違えるようにきれいになるし楽しいです。

 

自分でリフォーム(セルフリフォーム)するデメリット

体力が必要

普段力を使っていないと少し作業しただけでもかなり疲れます。

重たい物を持たなくても結構体にくるんですよね。一人ではできない作業もありますから無理はしないようにしましょう。

 

出来ない作業はプロに頼む

電気やガスなどは資格が必要だったり、自分では作業できません。また、事故が起きてからでは大変ですのでプロに頼みましょう。

 

洗面所のリフォームをしました

今回は洗面所をリフォームしました。リフォーム前の写真から見てください。

before(ビフォー)写真

すみません。きたないですね…。こちらをリフォームしていきました。

 

今回の洗面所リフォーム計画

・壁紙貼り替え

 

・幅木交換

 

・洗面台交換

 

・床クッションフロア貼り替え

 

・洗濯機用水道蛇口交換 

結構満載な内容になってます。ほぼフルリフォーム。

まずは古い洗面台を外して、壁紙をはがします。そして床のクッションフロア(略してCF)を貼っていきます。

 

洗面台撤去・壁紙をはがし・クッションフロア貼り

床はかっこよくなりました。壁紙を貼り替えたところで、古い団地なので管理組合との話で床下の給水配管を交換することになったので床をくりぬくことに。

 

鉄の給水配管を架橋ポリエチレン管に交換。こちらは設備屋さんにやってもらいました。

 

 

床のクッションフロア貼り替え

 

ここまでで壁紙クロス貼り、クッションフロア貼り、幅木(壁と床の間に入っている見切りの木材)交換。

なかなかかっこよくなりました(^^)右側の水道も給水管の立ち上げが新しくなり蛇口も交換しました。

お部屋って床と壁紙が変わるだけでガラッと見違えるんですよね。

 

洗面台取り付け

では今回のメインイベント、洗面台を取り付けていきます。今回は横幅600mmの物を使います。

ホームセンターで洗面台を見たら一番安いシンプルな物で25,000円前後。妻と以前IKEAに買い物に行った時に見つけた洗面台が棚付きの鏡と脚の金物セットで22,000円程で、買っちゃいました。

サイト引用

シンプルで可愛らしくていい感じです。こちらを組み立てて取り付けます。

まずは洗面台の枠組みを組み立てて、設置場所に置いてみます。

床から給水と排水のパイプが出ているので、壁と洗面台にすきまができてしまいます。

直置きではおさまらないので脚を取り付け。あと立ち上がりの給水管を取り付け。

 

 

洗面台の枠に陶器をのせて接着。

 

あと床から出ている排水パイプが出過ぎなのでカット。塩ビパイプなのでノコギリでサクサクカットできます。

 

こんな感じで白いカバーを取り付け。

 

あとは洗面台と床から出ている給水管、排水管をつなぐだけ。継ぎ手にはパッキンを入れて水が漏れないように。

床から出ている排水の位置はずらせないので穴を開けて対応しました。

 

……ん?あれ?

 

アクシデント発生

排水先がずらせないのでおさまりません(汗)困りました。これだと水が流れません。横へ水があふれ放題(^^;

少し考えて、じゃあ違う部材で取り付けてしまおう。と、いうことでホームセンターへ。

 

うまく合う部材ないかな。物色。

 

ありました。購入。

これなら曲がるので自由自在。臨機応変に対応するのもDIYセルフリフォームの醍醐味です。しかし1,180円プラスになってしまった。

 

 

簡単に取り付けできておさまりました。ひと安心。

 

洗面所リフォームまとめ

あとは洗面台を壁に固定して扉を付けて、壁に鏡を取り付けて完成。

夕方になってしまったのでまた後日作業したら追記します。

 

追記:後日完成しました。

テラコッタ調の床にかわいらしい感じの洗面台。きれいになったので満足です☆

排水先のアクシデントもありましたが、場面で考えておさめるのが時には難しくもあり、楽しいDIYセルフリフォーム。

お金の面でも3分の1くらいでできちゃいます。

何より好きな感じにできるのが嬉しい。ホームセンターやインターネットを眺めながら完成を想像するところから始まります。

できるところから皆さんもぜひやってみて下さい。

また違う部屋もリフォームしたら載せていきます。

Let’s Diy☆

関連記事>>>元大工さんがオススメする一家に一台工具シリーズ『インパクトドライバー』

 

▼当ブログおすすめ記事ベスト5

【WワークOK】面接なしで今日明日すぐ働ける日払い単発短期バイトの探し方

【リスクも学ぶ】2018年最新の不動産投資無料セミナー厳選8選【東京都内編】

素人から不動産投資の成功者への道【無料資料請求による情報収集厳選9選】

【FODプレミアム動画】31日間無料見放題・オリジナルドラマ作品まとめ

おっさんずラブ田中圭主演のおすすめネットドラマ不倫食堂【無料動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。