【匠の技】元気が有り余っている若者よ、一度大工をやってみるといいよ

 

 

元大工のヒラノです。 ( @t_hirano35 )

 

今回はいわゆるガテン系・大工さんについてピックアップします。

 

僕は20代は大工として過ごしました。色々な家を建てて、現在も各地に自分が建てた家があります。

自分が建てた家に住んでいる方々がいると思うと、考え深いものがあります。

大工という仕事は、とてもやりがいのある仕事です。更地で土の状態だった所に自分の力と技術で家を完成させていく。

 

何もない土地に骨組みができ、壁ができ、窓がついて、床と天井が出来上がる。

 

出来上がっていくのを見ているとアドレナリンが出ます。
DIYはブームで女性の方にも人気がありますね。また、不動産の方も中古住宅を購入して自分達の好きなようにリフォームする時代になっています。中古住宅流通が新築住宅を超えています。

 

僕が実際に大工だった経験から、職人を経験するメリットをお伝えします。

 

大工職人に興味がある方はぜひ読んでみて下さい。

 

 

大工さんを経験するメリット

家を建てるノウハウが分かる

新築戸建てを建てる場合、一から工事を進めていきますので、家が出来上がる流れが理解出来ます。

 

また、現場の知識が身に付きます。どういう風にすれば雨漏りしないのか、強度が出るのか等わかってきます。

 

建築士が設計をしてその通りに造っていくのですが、現場ではおさまらない事もあります。計算上ではわからない事もあるのです。

 

そういった時は現場監督と打ち合わせをして現場でおさめます。ノウハウが身に付けば、リフォームの時に応用が利くようになります。

 

リフォームやるときは、壁とか床を剥がしてみたら、開けてビックリってありますからね。応用力が大事になってきます。

 

自宅や実家を自分でリフォームできる

知識と技術があれば自分の家は自分で好きなようにリノベーション出来るようになります。

 

また、念願のマイホームを自分の建てた家で暮らす事も出来ます。魅力的な事ですね。

 

そして、次はさらに重要ポイント

普通に仕事でムキムキになる

当時、細マッチョシックスパックだった僕…。ジムにも行かず筋トレもした事がない。普通に仕事しているだけで結構筋肉痛でしたね。
現在はあまり現場に出ることが少なくなったのでアラサービールっ腹。

 

美body思考の皆さんにはもってこいでしょう。男女関係なく大工さんはいますよ。

 

昔は子供がなりたい職業上位だった大工さん

現在はベストテンにランクインしなくなってしまった大工さんという職業。

 

職人さんの世界でも高齢化が進んでいます。日本の伝統工法や、匠の技が受け継がれなくなっていくのは残念です。

 

もの造りの楽しさ、やりがいを感じられる達成感のある仕事です。

 

現代社会だからこそ、あえて言いたい。若者はぜひ一度経験してみてほしい。今まで見た事のない景色が見えるはず。

 

現場の職人さん達が汗水流して、今みんなの「住」が成り立っている。
 

 

僕は今でも大工経験が役に立っているし、誇りに思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です