【賃貸】不動産屋が教える物件の探し方のコツ

今回は引っ越しをする時に物件を探す方法をお伝えします。

まず最初に、引っ越しをする時というのは何かしらの「理由」があるはずです。

 

・就職、進学が決まったから近くに引っ越しをしたい

 

・更新の時期だからどうせなら駅近に引っ越しをしたい

 

・日当たりが悪い、狭くなってきた、収納が欲しい

 

・壁が薄くて隣人の音が気になる

 

・自立の為、初めての一人暮らしをしたい

 

100人いたら100通りあるであろう引っ越したい「理由」。

 

そして、「理由」に対する「希望」があると思います。

 

その「希望」に合う物件を見つけていく、相談出来そうな不動産屋さんを探していく、という作業になりますが、現代の物件探しは至ってシンプル。

 

今回は「希望」の物件探しについてお伝えします。

 

物件の探し方の種類

物件の探し方は色々な方法がありますが、代表的な探し方は次の4種類でしょう。

 

1.住みたいエリアの不動産会社の店舗に直接来店

 

2.各不動産会社のホームページで探す

 

3.不動産ポータルサイトで検索

 

4.物件の看板を見て管理会社にTEL

 

それぞれ見ていきましょう。

 

1.住みたいエリアの不動産会社に直接来店

こちらは住みたい希望エリアが定まっている場合、その駅周辺の不動産会社に直接行って相談する方法です。

 

インターネットで「◯◯駅 不動産」などで検索すれば不動産会社がたくさんヒットしますね。

 

直接来店して希望を伝えて物件をピックアップしてもらって紹介してもらう方法です。

 

この方法はインターネット上で物件を検索してみても、色々な物件が載りすぎていてよく分からないという方や、新たに知らない地域に引っ越しをするので街を見に行くのと合わせて物件を紹介してもらいたい方には宜しいと思います。

 

ひと昔前までは物件は不動産会社に来店しないと情報が得られない時代でしたので、昔からある物件の探し方と言えます。

 

予約をしないでも対応はしてもらえるはずですが、定休日には気を付けたいですね。

 

ベストなのは予約をして、希望条件を事前に伝えておくと、予約の日までに物件を見つけておいてくれるでしょう。

 

 

2.各不動産会社のホームページで探す

それぞれのエリアに不動産会社はたくさんあると思います。各不動産会社それぞれにホームページがあります。

 

こちらもインターネット上で「希望エリア+不動産」などを検索して、物件をたくさん載せている不動産業者のホームページで見つけるという方法です。

 

検索する時に「希望」を入れるとよりその条件に当てはまるホームページが見つかるはずです。

 

「◯◯市 1K ペット可」

「◯◯駅 アパート 礼金0」等々。

 

深夜0時までチャットで対応してもらえるイエプラというサイトもあります。めざましテレビやYahooニュースにも掲載されていましたね。

 

希望条件を入力して、チャットで相談出来て返信も1分という便利なサイトです。

 

3.不動産ポータルサイトで検索

様々な不動産会社がそれぞれ物件を載せていて、それが1つのサイトに集まっているのがポータルサイトです。

 

代表的なポータルサイトは、SUUMO(スーモ)、LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)、athome(アットホーム)など、テレビCMでもよく見る事が多いですね。

 

ポータルサイトは不動産会社ではありません。不動産会社に物件掲載を提供しています。

 

上記にも書いた通り、各不動産業者がこぞってお勧め物件を載せているので、市場にあるほとんどの物件がそれぞれの不動産業者によって集約され掲載されています。

 

存在しているほとんどの物件がポータルサイト上で閲覧できますので、気になる物件を載せている不動産業者に問い合わせをして見学予約をするのが良いでしょう。

 

上記3つの主要ポータルサイト以外にもたくさんポータルサイトがあります。

 

すべてのポータルサイトに掲載していない不動産業者もありますので、色々なポータルサイトを見た方がお気に入りの物件が見つけやすいですね。

 

賃貸DOOR」は複数の大手サイトの物件情報がまとめて探せるので情報量が多いです。入居お祝い金があるのも嬉しいですね。

 

4.物件の看板を見て管理会社にTEL

こちらは近所や通りがかりなどで気になる物件を見つけた時ですね。

 

物件に管理会社の看板が付いていると思いますので、直接電話をしてみて、空室はあるか確認してみる方法です。

 

ピンポイントで狙っている物件や、気になる物件があれば看板の電話番号に気軽に問い合わせをしてみましょう。

 

空室や、今後の空き予定があれば教えてもらえます。その時は間取りや図面をメールなどでもらうと良いですね。

 

最後に

ひと昔前は地域の不動産会社に来店しなければ物件の情報が得られなかったのですが(店舗のガラスに貼ってある間取り図を見てお店に入るなどよく目にします)、やはり近年はポータルサイトでまとめて探すのが一番効率が良いと思います。

 

いくつか気になる物件をポータルサイトでピックアップして、問い合わせをして、いくつか見学して見比べるのも良いと思います。

 

他にも探す方法はあると思いますが、情報量を考えるとポータルサイトで目星を付けるが効率が良く主流であり、不動産業者側としてはポータルサイトの問い合わせがメインですので、力を入れている会社が多いですね。

 

現代は情報を得ることができます。インターネットを活用してしっかり探していけば必ず「希望」が叶う物件に巡り会えます。

 

引っ越し「理由」が「希望」に満ちた新生活となりますように。

応援しています!

 

初期費用についてはこちらの記事で説明しています▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です