【仮想通貨・AirDrop】エアドロップで副収入・どのくらい儲かるの?副業になる?

タダでもらえるAirDrop(エアドロップ)を毎日のようにコツコツとゲットしていますが、どのくらい稼げるのか考えてみました。

宣伝や知名度を広める意味でもAirDropは行われていて、毎日のように様々な種類のトークンを見かけます。

僕は見つけたらすぐにもらっているのですが詐欺のAirDropもあると聞きますので注意です。

「秘密鍵を求められる」なんてのは100%詐欺との事。ですよね(汗)

そういった意味でも僕は「簡単なAirDrop」しかやっていません。危なそう、手続きが複雑なものは避けてます。

話は戻りますが、そんなAirDropでどのくらい儲かるのか。現時点で検証してみます。

関連記事>>>日々更新、簡単AirDrop一覧まとめ(たくさんありますので、どうぞ)

すでにウォレットに届いたAirDrop(エアドロップ)トークン

AirDropに参加してから実際に自分のウォレットに届くまで時間がかかります。

トークンの種類にもよりますが1ヶ月前後の印象です。

段々MyEtherWalletの方にトークンが届いてきています。

Binanceに上場しているIOSTで、今日時点でもらった枚数で約250円。

新しいAirDropは毎日のように発見しますから今のところ1ヶ月で多くて30~50種類くらいはあるでしょう。

250円×30種類としても月7,500円。月に50種類だと12,500円。

一年間このペースでAirDropが続いたとして年間90,000円~150,000円にもなります。

スマホでコツコツとゲットするだけで、これなら結構ないい金額ですよね。

1種類250円で計算しましたが、500円~1,000円くらいのトークンもありますから年間200,000円くらいになるかもしれませんね。

こうなるとアルバイトや副業レベルになってきます。副収入としても結構ないい金額ですよね。

3月16日追記:続々と新しいトークンが届いています。楽しみが増えていきますね。いつ売ろうかな。

無価値なトークンも

AirDrop時点で取引所に上場済みのトークンもあります。そういったトークンはすでに価値がありますからすぐに売って日本円に変えても良いでしょう。

未上場のトークンはAirDrop時点では分かりませんが、上場せずに消えていくものもあるでしょう。

とにかくもらえるものはもらっておいて、上場したときにすぐ売ってしまうのもアリです。上場したては高騰してその後下落するケースも多いので。

長期保有して化けるかもしれませんし、取引所に上場せず電子ゴミになってしまう場合もあるでしょうし、そのあたりも含めてAirDropは楽しめると思います。

 

紹介するとさらにもらえます

AirDropに参加している方はご存知だと思いますが、自分の紹介コードからAirDropに参加してもらうとさらにトークンがもらえます。(トークンにより上限は有り)

僕も情報を見つけたら、教えてもらって感謝なのでもちろん情報元の方の紹介コードから参加しています。

主にTwitterを使っています。

SNSなどで紹介すればさらにトークンがもらえて副収入も増えます。

せっかくAirDropに参加するならSNSも活用したいですね。

AirDropは基本的に先着順や期間限定のものがほとんどなので、新しいものを日々チェックしていく必要があります。

日々コツコツとゲットして楽しんでいきましょう。コツコツ貯めて化けますように!

関連記事>>>日々更新、簡単AirDrop一覧まとめ

 

▼当ブログおすすめ記事ベスト5

【WワークOK】面接なしで今日明日すぐ働ける日払い単発短期バイトの探し方

【リスクも学ぶ】2018年最新の不動産投資無料セミナー厳選9選【東京都内編】

素人から不動産投資の成功者への道【無料資料請求による情報収集厳選9選】

【FODプレミアム動画】31日間無料見放題・オリジナルドラマ作品まとめ

おっさんずラブ田中圭主演のおすすめネットドラマ不倫食堂【無料動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です